エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が 子育て関連事業のオンライン化支援を開始し、自治体の子育て支援策をサポート!

 (株)エムティーアイが企画・開発した、母子の健康データを記録・管理できる母子手帳アプリ『母子モ』は、自治体が実施する子育て関連事業のオンライン化を支援する「母子モ 子育てDX」サービスの提供を開始します。  本サービスは、新型コロナウイルス感染症の影響により、予防接種を控える動きや、自治体によるイベントや妊婦相談、集団乳幼児健康診査などの子育て関連事業が、延期や中止を余儀なくされているなかでも、自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、安心・安全に子育てができる環境づくりの実現をサポートするものです。  本年6月には第一弾として、自治体職員、保健師や専門アドバイザーなどとテレビ電話で子育て相談ができる「オンライン相談サービス」を提供しており、今後、子育て家庭への訪問事業や、健診時の問診票・予防接種時の予診票の手続きのオンライン対応など、さらに幅広い自治体サービスのオンライン化を目指します。 ◆子育て支援のオンライン化を望む声は8割以上!『母子モ』が解決する子育て世帯が抱える課題とニーズ  本サービスの開始にともない、『母子モ』では妊娠中、育児中のユーザーへ「新型コロナウイルス感染症の影響に関するアンケート」※1を実施しました。「自治体による子育て支援サービスの多くが中止・延期あるいは利用しにくくになっている状況に、困っているか」という質問に対し、「とても感じた」30.6%、「まあまあ感じた」38.3%を合わせると、68.9%の人がコロナ禍で不便を感じていたことがわかります。さらに、「オンラインで妊娠中や出産、子育てに関する相談や申請ができるサービスがあれば、使ってみたいか」という質問に対し、「ぜひ使ってみたい」が39.8%、「少し使ってみたい」が42.0%となり、8割以上の人が利用してみたいという結果となりました。また、『母子モ』と連携する『ルナルナ...

『&Pay』を使って、Jリーグ「ヴァンフォーレ甲府」を自宅から応援!

 株式会社エムティーアイが運営する、口座直結型のQRコード決済サービス『&Pay(アンドペイ)』は、株式会社ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ(山梨県甲府市、代表取締役社長:藤原弘)が運営するプロサッカークラブ、ヴァンフォーレ甲府(J2リーグ所属)を応援するギフティングサービスを7月8日(水)より開始します。  J2リーグが6月27日(土)より、新型コロナウイルスの感染防止対策のため無観客試合にて再開されました。本サービスでは『&Pay』を利用して非対面でもチームへ応援ができる環境を提供することで、スタジアムに足が運べないなかでも自宅からヴァンフォーレ甲府の応援を可能とします。   ◆地元を応援するキャッシュレスサービス『&Pay』、山梨県で活躍するヴァンフォーレ甲府をサポート  『&Pay』は、地域密着、地域特化、地域応援をコンセプトに、地域経済を支えるキャッシュレス決済サービスです。株式会社山梨中央銀行(山梨県甲府市、代表取締役頭取:関 光良、以下「山梨中央銀行」)と連携し、山梨中央銀行の口座を持つユーザーは、アプリをダウンロードし口座登録をするだけで利用可能で、ヴァンフォーレ甲府の試合が行われる山梨中銀スタジアムでも利用できます。  新型コロナウイルス感染症※1の影響でJ2リーグの試合は延期されていましたが、6月27日(土)に試合が再開されました。感染防止対策として無観客試合を開催し、今後は人数制限を設けて観客を動員する予定であり、サポーターはスタジアムへ足を運ぶことが難しいなかでも、自宅から選手たちを応援できるよう、『&Pay』を使ったギフティングサービスを開始します。 ◆『&Pay』を使ったギフティングサービスに参加し、自宅から選手たちを応援しよう!  本サービスでは、ヴァンフォーレ甲府の特設サイトやチラシに記載されているQRコードを読み込み、コースごとの金額を入力し、特典を購入することでチームの応援が可能です。購入金額ごとにお得な特典が設定され、参加したユーザーは、選手からのメッセージが見られる限定動画や選手のサイン入りグッズなどと交換ができます。  また、『&Pay』は決済翌日の入金が可能なため、即時の収入源確保につながり、さらに今回、通常1.8%かかる決済手数料を0%とし、全額チームへ還元することで、ヴァンフォーレ甲府のチーム経営の一助となることを目指します。  『&Pay』によって選手たちとサポーターをつなぎ、ギフティングサービスで新しい応援のカタチを実現します。 ≪本サービス概要≫ ●参加方法:『&Pay』の特設サイトや専用チラシから『&Pay』でQRコードを読み込み任意の金額(1,000円、3,000円、5,000円、10,000円)を入力し決済 ●特設サイトURL:https://andpay.jp/customer/vf/ ●参加可能期間:7月8日(水)~11月30日(月)※2 ●特典 1,000円コース:ヴァンフォーレ甲府からのお礼メール、限定選手メッセージ動画 3,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙 5,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙、選手のサイン入りグッズ(タオルマフラー) 10,000円コース:お礼メール、限定選手メッセージ動画、オリジナル壁紙、選手のサイン入りグッズ(フラッグ)、希望者にはクラブオフィシャルホームページに名前を掲載 ●特典交換方法: お礼メール・限定選手メッセージ動画・オリジナル壁紙:メールで参加者に贈呈 サイン入りグッズ:決済履歴とメール受信履歴を提示し、8月以降順次会場にて配布、または郵送にて贈呈※3   ◆『&Pay』について  『&Pay』は、金融機関の口座と直結したQRコード決済サービスです。クレジットカードの登録や事前チャージなどの必要はなく、口座残高からそのまま買い物が可能です。また、銀行のシステムと連携し、強固なセキュリティで利用者情報を守り、安心・安全な決済を提供します。  山梨県唯一の地方銀行である山梨中央銀行の口座と直結しており、現在、県内では150以上の店舗で利用可能となっています。  なお、本サービスでは、残高や履歴の確認だけでなく、振込までできる「更新系API」※4を利用することで、従来の決済システムを介さず、加盟店や金融機関にかかる運用コストの削減を可能とし、地域に寄り添った持続可能な決済インフラの提供を実現します。    今後も『&Pay』は、お店とユーザーをつなぎ、地域経済を支えるキャッシュレス決済サービスとして、地元の店舗を応援する取組みを続けていきます。   ※1:新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000633501.pdf) ※2:期間は新型コロナウイルス感染症の状況により、変更の可能性があります。 ※3:詳細は『&Pay』サービスページにてお知らせします。 ※4:金融機関の口座情報にアクセスするAPIには、参照系APIと更新系APIの2種類が存在。参照系API:金融機関の残高や入出金履歴などを外部サービス内で閲覧できるAPI。更新系API:外部サービス内から振込などの更新を可能とするAPI。 (API:Application...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県杉戸町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県北葛飾郡杉戸町にて本導入され、『すぎと子育て応援アプリ「すくっと」』として7月1日(水)より提供を開始します。  埼玉県の東部に位置する杉戸町は、東に江戸川、西に大落古利根川が流れ、水と緑に囲まれています。首都圏40キロメートル圏内にありながら田園地帯が広がるなど自然に恵まれた、懐かしい故郷の風景が美しいまちです。  同町では、「笑顔が輝き しあわせ実感 みんなで子育て すぎと」を基本理念に、まち全体で子どもたちを育み、子育て世帯を支え合うことのできるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、280以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆楽しく穏やかに子育てできる環境で、子どもが健やかに育つ埼玉県杉戸町で『母子モ』の提供を開始!  杉戸町では、平成30年10月から子育て世代包括支援センター基本型を杉戸町子育て支援センターに1か所、母子保健型を杉戸町保健センター内に1か所設置し、両センターが連携して妊娠期から切れ目のない支援を行っています。  保健センターでは母子手帳交付時にマタニティライフプランを妊婦と一緒に作成し、妊娠期を前向きに過ごせるように支援しています。また、妊娠34週を目安に「もしもしお元気ですか?」の電話をかけ出産前の不安を解消できるように努めています。さらに、杉戸子育て支援センター「たんぽぽ」では親子の交流と遊びの会や子育て講座などのイベントの開催やSNSを通じてふれあい遊びの紹介をするなど、楽しくそして穏やかに子育てができる環境づくりをしています。  また、令和2年度より町立幼稚園は預かり保育事業、町立保育園では使用済み紙おむつの回収事業が開始されました。ファミリー・サポート・センターでは生後6カ月から小学校6年生の子どもをもつ家庭を対象に、保育施設の開園時間外や冠婚葬祭時の預かり援助、保育施設等への送迎援助など、地域で支え合いながら子どもたちの成長を見守っています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  杉戸町に採用された『すぎと子育て応援アプリ「すくっと」』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができ、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <埼玉県杉戸町 古谷 松雄町長 からのコメント>  杉戸町では安心して子どもを産み育てられるよう様々な取組を実施しています。  この度、子育て支援の一環として子育て世代の方々のお役に立てるよう、『すぎと子育て応援アプリ「すくっと」』の運用を開始しました。  きめ細やかな情報を発信していきますので、多くの皆様に活用していただき、子育ての貴重な時間が楽しいものとなるよう願っております。    <『すぎと子育て応援アプリ「すくっと」』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が岡山県玉野市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が岡山県玉野市にて本導入され、『たまの子育てアプリ』として7月1日(水)より提供を開始します。  岡山県の南端に位置する玉野市は、瀬戸内海の美しい自然に恵まれた港町で、メバルやタイなどの海産物や、温暖な気候を利用したみかんなどの特産品が豊富です。また、3年に一度開催される瀬戸内の魅力を世界へ発信する瀬戸内国際芸術祭の会場となるなど、自然と文化が魅力の観光客でにぎわうまちです。  同市では、「安心して産み、育てられるまち 子どもたちが、のびのびと育つまち 子育てを、みんなで支えあうまち」を基本理念に、子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、280以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆きめ細やかな情報発信と、子育て世帯に寄り添った支援策を進める岡山県玉野市で『母子モ』の提供を開始!  玉野市では、平成30年4月に子育て世代包括支援センター(たまのっこルーム)を開設し、妊娠中から産後にかけて安心して育児ができるよう、妊娠届け出時に子育て支援プランの作成を行い、産後は保健師・助産師による家庭訪問を行うなど、子育て世帯に寄り添ったサポートが充実しています。また、子育てに優しい設備やサービスのある市内の施設や店舗を登録し、共通のステッカーを貼ることで子育て世帯が簡単に利用できる施設を確認できる「たまの子育て応援スポット」事業など、幅広い支援策で、子育て世帯が安心して子どもを産み・育てることができる環境が整っています。...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山口県田布施町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山口県熊毛郡田布施町にて本導入され、『たぶせ子育てアプリ』として7月1日(水)より提供を開始します。  山口県の東南部に位置する田布施町は、中国百名山のひとつである石城山を源流とする田布施川沿いに、350本も桜が咲き誇る花見の名所として有名で、豊かな水を生かした稲作も盛んな自然あふれるまちです。  同町では、「子どもの笑顔と元気を地域のみんなが支える田布施」を基本理念に、仕事と子育てを両立できるよう、子育て世帯に優しい支援策と、子どもたちが笑顔で健やかに成長できるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、280以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆安心のサポートが整い社会全体で子育て世帯を応援する、山口県田布施町で『母子モ』の提供を開始!  田布施町では、「子育て支援センターおんとも」を開設し、絵本の読み聞かせや運動、田植え体験やクリスマスなどの季節の行事など幅広いイベントを開催しています。気軽に育児相談や、救急救命士・保健師・栄養士などの専門家からアドバイスを受けることができるなど、子育て世帯が安心して頼れる環境が整っています。  また、0歳から3歳までは15,000円、3歳から小学校修了前は10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円を支給する児童手当や、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少したひとり親世帯へ子どもひとりにつき30,000円を支給する町独自の支援策「ひとり親世帯への臨時特別給付金」など、子育て世帯の状況に合わせた経済的負担を軽減するきめ細やかなサポートが充実し、まち全体で健やかな子どもの成長を支えています。...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県小野市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県小野市にて本導入され、『おのっこナビ』として7月1日(水)より提供を開始します。  兵庫県の中南部に位置する小野市は、春は西日本最大級の桜並木が美しい「おの桜づつみ回廊」、夏は38万本のひまわり、秋に380万本のコスモスが咲き誇る「ひまわりの丘公園」など、四季折々に豊かな自然があふれ、14万人を集客する市最大のイベント「小野まつり」では県内最大級の花火が打ち上げられるなど、魅力あふれるまちです。  同市では、将来を担う子どもを産み育てる環境を充実させ、「県内一の子育て支援」を目指した“切れ目のない包括的な支援”を展開することで、0歳から14歳までの年少人口割合が14.6%と県内1位(平成22年・平成27年国勢調査)となっています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、280以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆一貫した子育て支援策で、子どもの健やかな成長を支える兵庫県小野市で『母子モ』の提供を開始!  小野市では、離乳食の進め方や発育を促すかかわり方について学べる「7か月児教室」や、自立心を伸ばし健やかに育つための遊びや食事が学べる「2歳児教室」など、発達状態に合わせた育児教室を開催しています。また、育児の援助を希望する人と援助したい人をつなぐ「おの育児ファミリーサポートセンター」では、保育所・幼稚園や習い事の送迎、保護者が病気等の際に子どもの一時預かりを行うなど、社会全体で子育て世帯を支え合う制度が整っています。  教育の面においても、市独自のプログラムとして小中一貫した教育システム「おの検定」を実施し、小野市の教育行政顧問である東北大学川島隆太教授の脳科学理論に基づく科学的知見に裏付けされた「16カ年教育」展開するなど、子どもの心身ともに健やかな成長を支えています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  小野市に採用された『おのっこナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの情報や注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができ、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <兵庫県小野市 蓬萊 務市長からのコメント>  小野市では、所得制限なしでの「高校3年生までの医療費の無料化」をはじめ、妊娠・出産・保育・育児の“ワンストップサービス”を行う『妊娠・子育てサポートセンター』を設置し、兵庫県内屈指の子育て支援の充実を図ってまいりました。  このたび、母子手帳の内容をスマホで管理できる子育て応援アプリ『おのっこナビ』の運用を開始します。  このアプリは、母子手帳の内容を管理するだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんもお孫さんの成長の記録や予防接種のスケジュールを確認いただけますので、是非ともご活用いただきたいと考えております。  未来に希望ある子どもたちの健やかな成長を願っております。  <『おのっこナビ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県多可町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県多可郡多可町にて本導入され、『多可っこ すくすくナビ』として7月1日(水)より提供を開始します。  兵庫県の内陸部に位置する多可町は、最高峰の酒米「山田錦」発祥のまち、伝統を受け継ぐ手漉き和紙「杉原紙」発祥のまち、国民の祝日「敬老の日」発祥のまちとして、全国に誇れる3つの発祥の地の特性を活かしながらまちづくりを推進しています。全国でも数少ない石垣のある棚田などの田園風景が広がる自然豊かなまちですが、京阪神まで車で90分で行ける“ちょっと便利な田舎”です。住み続けたい町、住んで良かったといわれる町を目指し、切れ目ない子育て支援体制の充実に力を注いでいます。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、280以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆充実したサポート制度で、楽しい子育てが実現する兵庫県多可町で『母子モ』の提供を開始!  多可町では、子育て世代包括支援センター「アスパルきっず」の周辺を「子育てゾーン」と位置づけ、近隣の「子育てふれあいセンター」と緊密に連携し、町全体で効果的なサポート体制を整えています。子育てふれあいセンターでは、今年度より配置された子育てコンシェルジュが、子育ての様々な悩みに寄り添い、必要な情報提供や適切な支援機関の紹介を行っているほか、育児の援助を希望する人と援助ができる人、どちらの条件も満たす人で構成されるファミリー・サポート・センターも開始し、地域みんなで子どもを見守る環境が充実しています。  また、感染症予防と子育て支援を目的に町独自で行う「小児インフルエンザ予防接種費助成事業」や、在宅などで子育てをする保護者の経済的負担軽減を図る「在宅等育児手当」など、時代や家庭環境に合わせた支援も魅力です。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  多可町に採用された『多可っこ...
1 2 3 63